とりぶう の 読むコント 宮古島

2007年 沖縄県宮古島に一家6人で移住して、日々くだらないことを考えています。家族はとりぶう主婦、しかちく夫、うさQ姉、かめし弟、おじい、おばあです。

貯筋が底をつく






みなさんこんにちは。

こつこつ貯めてきたものでも、失うときは一瞬だな、

と思うときがある。

子どものとき、貯金箱にこつこつ貯めたお金。

小銭ばっかりなので2千円くらいだったが、イザというときに使おうとおもっていた。

ある夏。

「24時間テレビ 愛は地球を救う」を見て、

これはわたしもなんとか力にならねば!

と、その貯金箱の有り金すべてを郵便局に行き寄付してしまった。

あんなに重みがあったのに、数字になった金額を見て、

「これっぽっちなのか」

と愕然とした。

そして手数料とやらを取られてしまったこともなにか釈然とせず。

わたしが寄付したことなど、わたしと郵便局のおばちゃん以外誰も知らず。

別にほめてほしいわけではないが、なんだか思ってたのと違う感覚があった。

あれが「イザ」というときだったのかどうかは、いまだ自分の中で判断がつかないでいる。

前置きが長くなったが。

こつこつと貯めるものはいろいろあるが。

中年以降になると、筋肉もそのひとつ。

「貯筋」などともいわれるように、筋肉を貯めることはとても大事なのだとか。

そのため、40代になっても筋肉を衰えさせないように、ボルダリングやスクワット、腹筋、ジョギングなどを行ってきた。

そして、鉄棒で逆上がりができることをその目安としてきた。

逆上がりできたら、欲しい服を買って良し、というルールがなぜか作られた。

一昨年まではできた。

去年は前半くらいまでは、できてたような気がする。

今日、久しぶりに逆上がりをしたら。

なんと、

意外や意外、

まるで

できなかった。

案の定、という気もしたが。

わたしの中に意外な底力があるかもしれない、という一抹の希望があった。

あーあ。

「筋肉すごろく」というのがあれば、「ふり出しに戻る」の気分だ。



ふり出しに戻る 001




あんなに貯めた筋肉、どこいったんだ?

厳密には一瞬で失ったのではないが、気持ち的には一瞬だ。

これからまたこつこつ貯めて行かねばならないと思うと、気が遠くなる。

当分、欲しい服は買えない。

でも、必要な服は買えるので、特に問題ないんだなあ。(なんじゃそれ)

それでは~


とりぶう


バイブス上がる?




みなさんこんにちは。

流行り言葉というのは、気づいたらいろんな人が使ってて、

「それどういう意味?」

とはいまさら聞けない状態であることが多い。

「バイブス」というのもそうで、

「バイブス上げていこう」と言われても、

いったい体のどの部分を上げればいいのだろう?と目が泳ぐ。

先日、しかちくに、

「バイブスってどういう意味やろ?」

と聞くと、

「脈やろ」

と答えてきた。

バイブス=脈?

バイブス上げる=頻脈?

やばない?




頻脈? 001





「あ、違う、あれはバイタルやった」

と慌てて言い直していたが。

なんとなく、

「バイタル上げていこう」

と言われても、「バイブスあげる」のと同じような効果があるんではないか、と思える。

その後、

「バイタリティとかはバイタルから来てるはず」

とか、

「バイタルは脈とか血圧とか生きてるしるしみたいなもんやろ」

とか、

「バイタルの意味には極めて重要な、みたいな意味もある」

とか、

ふたりしてバイタルに関する理解は深まったが。

バイブスに関しては結局、なんなのかわからないままであった。


それでは~


とりぶう



太ったのではないんです





みなさんこんにちは。

二の腕にできた帯状疱疹の並びが、

まるで北斗七星である。

ひょっとしてわたしは北斗神拳の継承者なのか?

とりあえず、「あーたたたたたたた」の練習をしておこうと思った。

金曜日。

モコ日記です。













ぼくはモコです。

三代目文鳥です。

なんだか眠い日が続きます。

朝日が出てくるのが遅くなったし、日が暮れるのが早くなったし、涼しくなってきたからみたいです。

そうするとぼくはふわっと羽をふくらませ、体が冷えすぎないようにするのだけど、それを見るたびおばあちゃんが、

「モコちゃん、大きなったなあ。太ったんか」

と言います。







太ったのではない 001





おばあちゃんはぼくがまだまだ大きくなると思ってるみたいです。

この間は、ぼくを買ったホームセンターで若い文鳥を見て、しかちくさんもとりぶうさんも、

「若いとやっぱり細いな」

「引き締まってるな」

とか言ってたのだけど、それは人間さんも同じだと思います。

とりぶうさんと娘のうさQさんは、身長も体重もほぼ変わらないというけど、見た目の引き締まり方は全然違います。

とりぶうさんのほうが、一回り大きく見えます。

そこはおばあちゃんも気を遣って何も言わないけど、きっと、

「とりぶうちゃん、大きなったなあ。太ったんか」

と言いたいはずだと思います。













モコの水浴び時間が少し短くなった。

涼しくなってきたと思う瞬間なんだなあ。

それでは~


とりぶう



タオルケット




みなさんこんにちは。

10月半ばになり、ようやくクーラーなしで寝られるようになった。

窓を開け、タオルケット一枚で寝るのがちょうどよい。

思えば、半年はタオルケット生活である。





半年タオルケット 001




移住前は宮古島ってほぼ常夏やろ?と思ったが、

移住後、そんなことはないとわかり、

あわててダウンジャケットを取り寄せた。

しかし、ダウンジャケットを着る機会などほぼなく。

いつしか年がら年中Tシャツが基本になった。

Tシャツ+カーディガンやジャンパー。

それで事足りる。

寝具もそうである。

年がら年中タオルケット。

寒くなったらタオルケット+毛布や掛け布団。

タオルケットはわたしの第二の皮膚になった。

いつしか「タオルケットちゃん」と呼んでる自分がいることに気づいた。

これは危険な兆候である。

過去のわたしの行動からかんがみて、布団を偏愛しだすとヤバイ。

それを擬人化してキャラに仕立て上げるとか、歌を作り出すとか、そんなことをし始めるのだ。

いまはまだ「ちゃん」付けだけで済んでいるが、そのうち、

タオルケットちゃんのイラストを描きだし、

タオルケットちゃんがしゃべり始め、

しまいにはタオルケットちゃんが、いかにかわいいかという歌を作りだす。

そうなると、タオルケットちゃんを大事にしなければならないと、かたくなに思い始め。

タオルケットちゃんの端がほつれて擦り切れて、

「そろそろ雑巾にしたらええんちゃう?」

と思われるようになっても、肌身離さなくなる。

あー、危険だ。

危険だが、どうすることもできない。

そのうちブログにタオルケットちゃんのキャラが登場するかもしれないんだなあ。

それでは~


とりぶう


いーてふ





みなさんこんにちは。

以前から、ほっぺたをふくらませたしかちくが

「いーてふに似てるな」

と思っていた。

「いーてふ」は「オレたちひょうきん族」に出てきた「E.T」のバッタもんキャラである。

しかし。

「オレたちひょうきん族」を見たことないというしかちくには、どれくらい似てるか伝わらなかった。

先日、ふと思い立ち検索してみたら、でてきた。






いーてふ 001






ネットよ、今日もありがとう。

あらためて「いーてふ」を見ると、

「やっぱり似てる」

と思った。

そして、そういえばわたしはまだ「E.T」を見たことがなかったんだ、と思い出した。

家にDVDもあるのだけど、なかなか見る気が起こらない。

こうなったら「いーてふ」だけしか知らないというのも、アリかもしれんなあ。

それでは~


とりぶう



とりぶうショップはじめました
読者登録
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • 貯筋が底をつく
  • バイブス上がる?
  • 太ったのではないんです
  • タオルケット
  • いーてふ
  • ダニじゃないんダニ
  • お魚くわえたどら猫
  • きのうとちがう景色です
楽天市場
アーカイブ
楽天市場
  • ライブドアブログ