みなさんこんにちは。

毎週金曜日は宮古島ニュースです。

島内のできごとをお伝えします。

2022年8月12日

沖縄地方最低賃金審議会は2022年度の県内最低賃金を、時給853円とする決定を沖縄労働局に答申したそうです。

今の最低賃金の820円より33円引き上げられることになります。

沖縄県は最低賃金が全国で一番低い県のひとつですが、

宮古島内だけで見ると、人手不足のため、最低賃金では人が集まらないようで、

時給900円以上は普通で、居酒屋などでは時給1000円~というのが多くなっています。

しかし時給の上がり以上に物価も高騰しているので、ゆとりある暮らしからは遠いといえるでしょう。

さて今日は旧盆の最終日「ウークイ」です。

あの世のお金である「ウチカビ」を焚いて先祖を送る行事があります。

「ウチカビ」のあの世価格は諸説あるようですが、

製造しているメーカーによると、

1枚2000万円、それが5枚束になっているので、1組1億円なのだとか。





これで1億






1億円あれば、だいぶ良い暮らしができそうですが、

物価高騰にともない、あの世でも、それだけあっても心もとない日がくるのかもしれませんね。


それでは~


とりぶう